東京都文京区、日本医科大学付属病院消化器内科では、後期臨床研修医を募集中です。研修医の皆様へ充実の後期専門研修プログラムをご紹介。研修医の皆様の入局をお待ちしております。

消化器内科学のご紹介

患者さまへ

医師・医療機関の方々へ

研修医の皆様へ

日本医科大学グループサイトへ

トップページ > 研修医の皆様へ 後期専門研修プログラム

後期専門研修プログラム

研修スケジュール

研修スケジュール

研修医カリキュラム

img


 1年目の最初の4ヶ月は消化器肝臓内科をまわって、4ヶ月終わったところで、1〜2ヶ月ずつ他の科をまわり、たりない症例を集める。他の科の症例が全部集め終わったら、残りはすべて消化器内科で勉強することが可能である。その間に内視鏡をはじめとした消化器のトレーニングする予定。

  3年目は消化器内科の連携施設で1年間研修する。連携施設は付属4病院の他に、博慈会記念病院、多摩北部医療センター、沖縄の県立北部病院がある。専攻医3年間のうちおよそ2/3くらいは消化器内科の研修をすることになる。

技能研修スケジュール(週間予定)


月 火 水 木 金 土
AM 上部/肝胆膵 超音波 上部 上部 消化管造影 上部
PM 肝胆膵 (教授回診) 大腸/小腸 肝胆膵 大腸/小腸

消化器・肝臓内科専門研修(卒後6年目〜)


消化器関連病院に一定期間出向し、診療技術研鑚および消化器内科管理者としての経験を積む。出向期間は2年程度だが個人差あり。

専門技術研修


当消化器・肝臓内科では次の診療技術の経験、取得が可能です。主に専攻分野の技術取得が中心となりますが、希望者はその他の分野の技術取得も可能です。

食道疾患診療部門
食道内圧検査、各種食道狭窄拡張術、内視鏡的食道粘膜切除術

胃十二指腸診療部門
内視鏡的胃粘膜切除術、胃粘膜剥離術、ポリペクトミー

小腸大腸診療部門
内視鏡的大腸粘膜切除術、大腸粘膜剥離術、ポリペクトミー、小腸カプセル内視鏡検査、ダブルバルーン小腸内視鏡検査、ダブルバルーン内視鏡を用いたERCP関連手技 消化管造影検査(注腸検査、小腸造影検査)

肝胆膵診療部門
内視鏡的胃食道静脈瘤治療(内視鏡的硬化療法、静脈瘤結紮術)、超音波ガイド下肝穿刺術、肝細胞癌局所治療(経皮的エタノール局注、ラジオ波熱凝固療法)、超音波ガイド下胆嚢、胆道ドレナージ、内視鏡的胆管膵管造影(ERCP)関連手技、血管造影関連手技(経頚静脈的肝内門脈大循環短絡術、バルーン閉塞下逆行性静脈瘤塞栓術)

各種認定医、専門医資格取得

■日本内科学会総合内科専門医 ■日本消化器病学会専門医 ■日本消化器内視鏡学会専門医
■日本肝臓学会専門医 ■日本消化管学会胃腸科専門医 ■その他


*上記認定資格について、各学会の定める要項を満たした後、取得が可能です。

基礎/臨床研究、学位取得

消化器・肝臓内科に入局し、専門分野を決定したら随時はじめることができます。
以下の診療研究グループのうち希望する部署に配属
 → 指導者と相談の上研究テーマを選択
 → 成果を国内外学会などで報告するとともに論文として英文/和文雑誌に投稿する。   
 → 所定の要件を満たした段階で本学に申請し、学位(医学博士称号)取得が可能となる。

■研究グループ紹介


食道グループ 岩切勝彦教授、川見病院講師
食道運動機能異常が原因となる各種疾患の診断、病態解明、治療Designについて、食道内圧検査を中心に解析

胃グループ 津久井拓教授、二神生爾教授、植木信江病院講師
H.pylori胃炎および消化性潰瘍の診断と治療(NSAID潰瘍、2次除菌)、出血性消化性潰瘍に対する内科的処置・内視鏡的止血術、胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術(とくに内視鏡的粘膜下層剥離術)や化学療法、および機能性ディスペプシア(FD: Functional Dyspepsia)など

小腸大腸グループ 藤森俊二教授、辰口篤志講師、田中周講師、三井啓吾講師、米澤真興講師
炎症性腸疾患の診断と治療、大腸腫瘍(早期大腸癌)に対する内視鏡診断と治療、ダブルバルーン小腸鏡検査、小腸カプセル内視鏡を用いた小腸疾患の臨床的、基礎的研究、病理診断学

肝胆膵グループ 川本智章教授、厚川正則准教授、張本病院講師
門脈圧亢進症の病体解明、IVR治療、薬物治療が病態に及ぼす影響、免疫担当細胞制御を介するウィルス、腫瘍性疾患治療の基礎的、臨床的解析

内視鏡診断治療グループ 貝瀬満教授
高精度消化器内視鏡診断(超拡大内視鏡、3D内視鏡、AI診断など)の研究・開発、早期消化管癌(食道・胃・大腸など)に対するESD・外科内科合同手術およびPOEMなどの低侵襲内視鏡治療の研究開発、内視鏡検体を用いた translational research

化学療法グループ 河越哲郎講師
高腫瘍量切除不能大腸癌に有効な化学療法治療戦略の研究、切除不能小腸腺癌の化学療法の研究、進行胃癌の臨床的分類作成の研究、「化学療法未治療の高齢者切除不能進行・再発胃癌に対するCapeOX 療法の第 II 相臨床試験」の多施設共同試験に参加

*プログラムの詳細は
臨床研修センターhttps://rinken.nms.ac.jp/
「専門研修(後期)」をご参照ください)

当科に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。 日本医科大学 消化器内科学 〒113-8603東京都文京区千駄木1-1-5 TEL03-3822-2131(代表)

交通・地図はこちら