東京都文京区、日本医科大学付属病院消化器内科では、後期臨床研修医を募集中です。充実の研修プログラムを用意し、研修医の皆様の入局をお待ちしております。

消化器内科学のご紹介

患者さまへ

医師・医療機関の方々へ

研修医の皆様へ

日本医科大学グループサイトへ

トップページ > 研修医の皆様へ 専門研修(後期)募集について

専門研修(後期)募集について

研修医の皆様へ

消化器内科医を目指す研修医の皆さん、私達消化器内科は日常遭遇する消化管疾患のみならず、胆管膵疾患、門脈圧亢進症の治療など幅広い消化器疾患診療に従事しています。

その中でも、食道運動機能検査を通じたGERD疾患診療、機能性胃腸症診療、早期胃癌、大腸癌に対する内視鏡治療、消化器癌化学療法、カプセル内視鏡・ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸疾患診療、門脈圧亢進症に対するTIPS療法などが私達の得意とする領域であり、全国的にも知られています。これらの領域を専門とする多くのスタッフにより、充実した研修プログラムが可能になっています。

平成30年より全国的に内科専攻医制度が始まりました。大学によって少しずつシステムが異なります。当院の場合、後期研修1年目(卒後3年目)のうち最初の4ヶ月間は消化器肝臓内科をまわり、5ヶ月目から他の科をまわり専攻医として必要な症例を集めます。研修医の時にどのくらいの症例を集めたか個人によって違いますので、各人足りない部分だけをまわり症例を集めます。症例が充足したら、その後は2年目が終わるまで消化器肝臓内科で研修し、その間になるべく内視鏡センターで上部、下部内視鏡検査などの基本的な手技を習得してもらいます。またなるべく多くの消化器疾患を経験してもらいます。3年目は消化器内科の関連施設で1年間研修をします。この3年間を通じて消化器内科医として必要な診療知識・手技を修得することが可能です。 (詳しくは後期専門研修プログラムをご参照ください) また、私達日本医科大学消化器内科は平成24年度より、大学院専攻の分野「消化器内科学」としても新しいスタートを切りました。大学院をめざす場合も充実した研究生活を送ることが可能です。(詳しくは大学院についてをご参照ください)

消化器内科は現在、食道、胃、小腸・大腸、肝胆膵、内視鏡診断治療、化学療法の6つ診療研究グループで構成されています。その成果は世界で最もレベルが高いとされる米国消化器病週間および欧州消化器病週間に私達日本医科大学消化器内科学から年間15演題以上が採択されており、私達の研究レベルの高さは世界で実証されています。

さあ皆さん、来年度から私達消化器内科の一員として、専門研修プログラム(後期)に参加しましょう。私達は皆さんの入局を心待ちにしています。

募集要項

募集内容 2019年度専門研修(後期)
応募資格 2019年3月末で初期臨床研修修了見込みの医師
募集人数 上限なし
処遇 日本医科大学付属病院就業規則等に基づく
勤務地 日本医科大学付属病院 消化器・肝臓内科
応募手順 医局担当者に事前に連絡してください
担当 河越哲郎 (日本医科大学付属病院 消化器・肝臓内科 医長)

*詳細は日本医科大学付属病院臨床研修センターホームページhttps://rinken.nms.ac.jp/をご参照ください。

イメージ:募集要項

ご質問・お問合せは専用フォームからもどうぞ

▲ページのトップに戻る

当科に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。 日本医科大学 消化器内科学 〒113-8603東京都文京区千駄木1-1-5 TEL03-3822-2131(代表)

交通・地図はこちら