日本医科大学 消化器内科学では、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓といった消化器に関わる診療、医療研究活動を行っています。

消化器内科学のご紹介

患者さまへ

医師・医療機関の方々へ

研修医の皆様へ

日本医科大学グループサイトへ

トップページ > 消化器内科学のご紹介 研究内容

研究内容

消化管機能グループ

消化管機能グループでは、内圧検査、インピーダンス・pH検査、内視鏡検査により疾患の病態の検討を行っています。食道の機能検査を主に行っていましたが、内視鏡下胃機能検査および直腸肛門内圧検査を開始しました。今後は食道のみではなく全消化管の機能性疾患に対する研究を行って参ります。

【研究】

・GERD関連研究
(1) 新規酸分泌抑制薬であるボノプラザンのPPI抵抗性逆流性食道炎に対する治療効果
(2) 軽症逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症 (NERD) に対するon demand療法の治療効果
(3) PPI及びボノプラザン抵抗性NERDの病態
(4) 高齢者のPPI抵抗性逆流性食道炎患者の臨床的特徴
(5) 食道裂孔ヘルニアの診断(内圧と内視鏡診断による違い)
(6) High-resolution manometry (HRM) を用いた好酸球性食道炎患者、全身性強皮症患者の食道運動機能
(7) ジャックハンマー食道の治療法別による臨床的特徴
(8) 早期アカラシア症例の内視鏡像、食道アカラシア診断に用いるStarlet (HRM) によるintegrated relaxation pressureカットオフ値の妥当性
(9) 難治性逆流性食道炎患者における唾液分泌能

・胃機能関連
(1) 内視鏡下胃機能検査法の開発

・直腸肛門関連
(1) 慢性便秘症患者に対する直腸肛門機能

内視鏡診断治療グループ

日本人の死因のトップはがん死である。がん死を減らすためにはがんの早期発見早期治療が必須であり、大きな国民的課題である。日本人のがん罹患の第1位、3位となっている大腸癌や胃癌などの消化管癌は取り分け重要度の高い癌であり、その診断治療に果たす消化器内視鏡の位置づけは年々大きくなっている。更に、超高齢化に伴いQOLを維持できる低侵襲内視鏡治療の発展・普及は喫緊の課題である。

【研究】

・内視鏡診断
optical biopsyの実現: 消化管癌の内視鏡診断では、optical biopsy(生検病理診断に匹敵する光学内視鏡診断)の実現が大きなテーマである。500倍の拡大機能をもつEndocytoscopy(ECS)は生体粘膜の細胞を直接内視鏡で観察可能な光学式超拡大内視鏡であり、optical biopsyの実現できるkey modalityである。ECSによる胃癌診断能基準を世界で初めて提案し、ECS異型診断の有用性を報告してきたが、実臨床への応用の可能性、病理部門と共同で癌組織型予測の可能性の追求などが今後の大きなテーマである。
近未来の内視鏡の研究開発: 現在用いられている消化器内視鏡は2D画像である。奥行き情報がある3D画像を導入することで、内視鏡診断能の向上が期待できる。世界ではじめて開発された3D flexible endoscopyを臨床使用し、その有用性を検討するとともに次世代の3D内視鏡を開発することが大きなテーマである。この3月からIRBの承認をえてprototype 3D内視鏡の臨床使用を開始したところである。

・内視鏡治療
3D内視鏡の内視鏡治療への応用: 奥行き情報がある3D内視鏡を用いることによってEMR/ESDなどの内視鏡治療をより安全かつ確実に実行出来る可能性がある。3D内視鏡をex vivoの切除胃・食道・大腸などを用いて基礎的な研究を行うとともに臨床における可能性も追求していく予定である。IRBに3D内視鏡のESDへの応用に関する研究の申請を行っており、今年中に3D-guided ESDを実施する予定である。
低侵襲内視鏡の開発と応用: LECSの一種であるNEWSを開発した後藤先生を迎え、ESD適応外病変などの消化管癌に対する低侵襲内視鏡の開発と応用が重要なテーマである。Flexible endoscopyによる粘膜縫合器の開発と臨床応用も行っていく予定である。

化学療法グループ

化学療法は手術、放射線治療とならんで、がん治療の中心的な柱の1つです。高齢化社会で、がん患者は急増しており化学療法の重要性は非常に高まってきています。我々は化学療法がより安全に有効に施行できるように、研究に取り組んでいます。

【研究】

・高腫瘍量切除不能大腸癌に有効な化学療法治療戦略の研究
切除不能大腸癌の化学療法は非常に進歩しているが、高腫瘍量大腸癌の治療後の予後は非常に厳しいままです。我々は、高腫瘍量と非高腫瘍量症例の治療経過を比較検討することで、高腫瘍量の治療経過の特徴を見出し、そこから、高腫瘍量切除不能大腸癌に対し、最も適切であろう治療計画を推定する研究を行っています。

・切除不能小腸腺癌の化学療法の研究
小腸腺癌は希少疾患であり、切除不能小腸腺癌に対する化学療法の標準治療はありません。我々は大腸癌で標準治療として使用されているmFOLFOX6レジメン治療を切除不能小腸腺癌の1次治療として行い、その効果や有害事象の検討を行っています。

・進行胃癌の臨床的分類作成の研究
胃癌の遺伝子異常は多彩であると考えられています。全ての遺伝子異常の総合的な表現型として肉眼形態や転移形態が決定されていると考えると、進行胃癌が、その表現型からいくつかのパターンに分類することができれば、その分類パターンに応じた一群の遺伝子異常パターンが存在する可能性があります。本研究では、まず、進行胃癌の発生部位、肉眼的形態、転移形態の調査を行い、進行胃癌の表現型がいくつかのパターンに分けられるのか否かを検討します。将来的には、各分類群の遺伝子異常の評価や、化学療法の有効性の評価などにつなげていければと思います。

・東京がん化学療法研究会(TCOG)に所属しており、現在、「化学療法未治療の高齢者切除不能進行・再発胃癌に対するCapeOX 療法の第 II 相臨床試験」の多施設共同試験に参加しています。

胃グループ

【研究】

・胃・十二指腸の機能性疾患である機能性ディスペプシアの臨床研究および、IBS-Cに対する臨床研究

・ESD症例のH. pylori陽性胃炎患者におけるCOX-2のSNPに関する研究

・消化器癌における癌幹細胞表出マーカーの発現におけるCOX-2の役割
その他、早期慢性膵炎の疫学調査に関する厚生労働省難治性疾患研究班に属し、肝臓グループとともに超音波内視鏡を用いた臨床研究を行っている。

大腸・小腸グループ

大腸班の臨床部門では炎症性腸疾患・大腸憩室出血、憩室炎の治療に関する研究と、小腸疾患の研究を主に行っています。

【研究】

・小腸部門:
小腸検査に関しては、カプセル内視鏡、ダブルバルーン内視鏡を導入し、国内有数の小腸内視鏡検査施設となっています。カプセル内視鏡は、最新テクノロジーによって開発されたカプセル型の小型カメラを口から飲み込むだけで小腸が検査できる、被験者の負担が非常に少ない優れた検査です。当施設は1200例を超える検査を実施して国内トップクラスの施行数です。北総病院の藤森病院教授は読影法セミナーなどを通して他施設に指導しています。また、ダブルバルーン内視鏡は全小腸を内視鏡観察しながら止血術や組織検査、さらにはポリープ切除術や狭窄拡張術などの処置を行うことのできる優れた検査です。この検査も当施設では1000例近く行っており、国内有数の施行数となっています。三井講師、田中講師が他施設に検査指導することも多く、指導施設として広く認知されています。これらカプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡を用いた研究で、一流誌を含む15本程度の英文論文を発表しています。

・大腸部門:
大腸部門では、大腸内視鏡による大腸ポリープの切除、早期大腸がんの粘膜切除術・粘膜下層剥離術などの内視鏡的診断・治療中を中心に行っています。これらの診療により、内視鏡専門技術習得を目指す医師の技術向上、専門医取得を目指しています。また、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)の治療にも取り組んでいます。現在、潰瘍性大腸炎患者約150例、クローン病患者約60例を診療しています。患者数は多いとは言えませんが、プロバイオティクスなどを応用した治療研究を海外の専門誌に発表するなど、治療のみならず研究活動も行っています。近年では、大腸憩室出血・憩室炎の治療・予後を中心に症例を集積し、研究発表も行っています。

肝胆膵グループ

【研究】

・ウィルス性肝炎の臨床研究
C型慢性肝炎の治療の進歩はめざましく、現在インターフェロンを使用しない内服薬である直接作動型抗ウィルス薬(DAA)が主流であり、非常に高い有効性を認めている。日本医科大学肝臓グループとしては積極的にこの治療を導入しており、また医師会や患者会を通じて啓発活動も行っている。全国でも常にトップクラスの症例数を経験しており、肝臓臨床研究グループでは、実臨床におけるC型慢性肝炎の治療成績を様々な角度から解析し国内外の学会発表や英文論文の執筆活動をしている。7年連続国際学会(米国肝臓病学会、欧州肝臓学会、アジア太平洋肝臓学会など)に肝炎の研究成果を発表しており、国内でも数多くの研究成果を報告している。英文論文もC型肝炎関連で当教室よりこれまで34編を執筆している。
さらに現在、日本医科大学付属病院を中心として、国内の主要な肝臓専門施設との多施設共同研究も実施中であり日本医科大学が中心的な役割を担っている。
また日本医科大学としてC型慢性肝炎の5つの新薬の国内第形蟷邯海忙臆辰靴拭

・難治性腹水に対するバゾプレシンV2受容体拮抗薬(トルバプタン)を用いた治療戦略
当科は難治性腹水、難治性食道静脈瘤に対して、高度先進医療として経頸静脈的肝内門脈大循環短絡術(TIPS)を、1992年の導入以来210例に行っており、日本で最多の症例経験を有する施設である。特に薬物療法で改善しない難治性腹水に対し、半年間の観察では約80%に改善を得ている。しかしながら高度先進医療の適応でなくなり、現在、限られた症例にしか行うことができない。そのような中、難治性腹水に対するバゾプレシンV2受容体拮抗薬であるトルバプタンが2013年より保険適応となって、わが国における肝硬変の腹水治療戦略は大きく変化した。 ループ利尿薬は優れた利尿効果を示すが、その一方で大量に使用すると腎機能低下をきたすことがあるため、腎機能が悪化する前にトルバプタンを導入した方が良いと考えられるが、未だそのエビデンスはない。そこで、従来の利尿薬との併用の方法やどのようなタイミングでトルバプタン使用したらよいか等、今後検討していき、腹水患者に対するトルバプタンの効果や限界を明らかする予定である。

・肝細胞癌に対するablationと腫瘍内圧
肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法(RFA)では治療に伴い肝内圧および腫瘍内圧が上昇する。その結果、腫瘍細胞が肝内や肝外などへ播種する危険が想定される。そこで、どのような焼灼法が肝細胞の流出を抑えることが可能であるか基礎的検討を行なってきた。
最近臨床で新たに使用可能となった腫瘍をnon-touchで焼灼することができるバイポーラRFAシステムであるcelon POWER、および新たに欧米から導入されたマイクロ波凝固システムを用いて基礎的検討を行い、より安全なablationの方法を検討する。

・胆道鏡(Spy Glassシステム)を用いた胆管疾患の診断、治療
胆道鏡は胆管狭窄や腫瘍性病変を直接観察し、NBIや直視下生検を行うことが可能であるため、胆道疾患の診断に有用である。また、除石困難な総胆管結石症に対しても結石を確認しながら砕石を行うことが可能であるなど、治療面でもその有用性が期待されている。当科ではSpy Glassシステムを用いて、さらなる診断能や治療成績の向上、新たな治療法の開発等の検討を行っている。

▲ページのトップに戻る

当科に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。 日本医科大学 消化器内科学 〒113-8603東京都文京区千駄木1-1-5 TEL03-3822-2131(代表)

交通・地図はこちら